メンタル不調に陥ったサラリーマンの備忘録

コロナでメンタル不調を感じている方へ届けたいサラリーマンの日々の奮闘の記録です

【睡眠編】整え!自律神経!!

こんばんわ!

スネオです。

 

今日は朝起きてから仕事が終わって帰宅するまで、体調はぼちぼちな1日でした。

10段階評価で6~7くらいですかね(笑)

 

喉の奥の詰まり感や、胸の圧迫感などもさほど感じずに比較的快適な1日だったように思います。

 

さてさて、昨日に引き続き発信させていただきます!

今日のテーマは【睡眠】です。

 

 

メンタル不調を感じるようになってから、インターネットや書籍などで自律神経について調べまくっています(笑)

 

メンタルヘルスは自律神経の乱れが原因で崩れていくということを遅ればせながら知り、自律神経を整えるにあたって【睡眠】は非常に大切ということで、ちゃんと睡眠時間を確保しよう!と意識をしています。

 

 

これまでは夜寝る直前までスマホでゲームをしていたりしていましたが、それについても極力控えて脱スマホ生活を意識しながら過ごしています。

また、レム睡眠とノンレム睡眠についても調べ、とりあえずは90分周期を意識した睡眠時間を確保できるように意識をしています。

 

 

これね、実際にやってみてわかったことなんですが、おそらく僕の睡眠周期は90分周期ではないということです(笑)

7時間~9時間くらいが推奨される理想的な睡眠時間と言われていますが、僕は必ずといっていいほど、6時間で目が覚めます。

しかも割とすっきりと目が覚めます。

 

 

睡眠について本を読んでいると、90分周期というのは絶対ではないということが書かれていました。人によってはそれが120分周期の場合なんかもあるとのことなんですね。

 

僕はきっと120分周期なんだろうな。(6時間=360分=120分×3セット)

ん!?90分×4セットでもあるから、やはり90分周期なのか!?(笑)

 

 

自分の体調の変化に対して過敏になってしまっていると、睡眠時間を一つとっても、7時間~9時間という睡眠時間よりも短くなってしまうことに気が向いてしまいます。

 

ただ、睡眠には<時間>と<質>があると思っていて、6時間であったとしてもしっかりと<質>が担保されていればすっきりと目覚められるんだなと感じています。

 

 

まぁそもそもですが、6時間寝れていれば十分に睡眠時間とれている方ですよね(笑)

ちなみに昨日(本日)の睡眠時間はコチラ↓↓

就寝時間:23:30くらい     起床時間:5:30くらい

 

まぁね、皆さん仰りたいことはわかっております。

いたって健康的な睡眠ぶりだねと(笑)

最近では自分でもそう思うようになってきました(笑)

ただ、メンタル不調が今よりもひどかったころは、なんでもっとしっかりと寝られないんだろう・・・なんて考えては不安症の症状で息苦しさを感じていました。

 

 

自分を客観視することってすごく大切だな~と改めて感じました。

 

 

睡眠について、僕は入眠の際に無音だとかえって寝つきが悪くなる傾向があります。

なので、最近は雨の音とか、川のせせらぎの音とか、自然の音を流しながら入眠しています。

 

 

リラックスできる環境を作ることで、副交感神経を優位な状況をセットしてあげて気持ちを落ち着かせることを意識しています。

 

 

 

不安症っていわばずっと緊張状態にあるみたいな感じなんですよね。

(あくまでも僕の個人的な感覚です)

 

交感神経がビンビンになっている状態が日中ずっと続くので、僕の自律神経たちはへとへとになっているはずです。

 

 

だからこそ、意識して副交感神経を優位にしてリラックスできる時間を確保することが大切かなって思っています。

 

人によってリラックス効果が得られるものって変わると思うんですよね。

僕の場合は・・・

 

・自然の音を聞く

・入浴する

アロマキャンドルの火を見てぼーっとする

 

とかですかね。

 

 

この記事を読んでいただけている「あなた」のリラックス効果が得られるものは何ですか??よかったら教えてください!!

 

コロナ禍において、体調管理の大切さを痛切に感じている人は多いんではないでしょうか。体調管理の基本は免疫力を高めることです。

 

免疫力を維持するには、やはり【睡眠】が大切です!!

【良い睡眠】をとるために、入眠環境やナイトルーティンみたいなものを確立するのは良いことだと思います!!

 

 

色々な方法を試しながら僕も自分の【睡眠】の向上をさらに進めていきたいと思います!皆さんの睡眠についてもぜひ教えていただきたいな~。

 

 

それと、次回以降の記事では、就寝時間と起床時間を記載して、実際にどれくらいの時間睡眠がとれたのかを記録していくことにします!

 

不安症の症状で、何回も夜に目が覚めてしまうコマ切れ睡眠となってしまうこともあるので、そういったことも記録していって自分の睡眠を分析していきたいですね。

 

 

何か皆さんの参考になる情報などがあれば幸いです。

ではまたね~